援助交際【links1000】

最新情報

援助交際の基礎

<更新日時> 09月30日(火) 17:48

女性がお金を稼ぐための方法として、援助交際はかなり力のある手段です。
それなりのリスクはありますが、だからこそかなりの金額を一度で稼ぐことが可能ということも、確かに事実です。
しかし、リスクがあるということはそれだけ危険ということなのです。あまり考えなしに援助交際をはじめてしまうことは、後で必ず自分自身を苦しめることにつながるでしょう。
自分で自分の体を傷つけているのですから、当然といえるかもしれませんね。
最初は、特に大したことだとは思わないでしょう。しかし、たいてい援助交際をはじめた人は、後になってから後悔しているものです。そのときになってからでは遅いのです。
援助交際は、基本的に一般の人に認められるような行為ではありませんから、それが家族にばれてしまった場合、もしくは将来一般の男性にばれてしまった場合などは、かなり変わった目で見られてしまうことになると思います。
女子高生で援助交際をしていることがばれるようであれば、当然学校は退学になるでしょうね。
援助交際でお金を稼ぐということは、それだけの問題点も抱えているということです。そこを理解してください。
女性だからといって、お金を稼ぐ方法は援助交際だけではありません。もっとまともな方法で稼ぐことだってできるはずです。
自分の体について、もう少し真剣に考えてみてください。

援助交際狩りに気を付ける

<更新日時> 09月30日(火) 17:49

「援助交際」は、1980年代半ばころから広まってきた、少女売春の一手段です。「テレクラ」の出現とともに、これを利用して頻繁に行われるようになりました。
援助交際は、基本的に少女がお小遣い稼ぎの為、中年男性をターゲットに体を売るというものです。ところが、さらにこれを利用した、「援助交際狩り」と呼ばれる犯罪行為が、1990年ころ各地で広がり問題となりました。
「援助交際狩り」というのは、少女がおとりとなり、中年男性に援助交際をしかけ、実際に相手を呼び出し、ホテルなどに入ろうとしたところ、「俺の女に何するつもりだ」などと言いがかりをつけ、仲間とともに男性を襲い、所持金などを巻き上げるという手口で行われます。主に10代の若者が、数人のグループで行いました。
襲われた方の男性は、自分も援助交際という買春行為をしようとした後ろめたさから、被害届けを出すことが殆どありません。表沙汰になった場合の社会的な非難の方が、男性の今後の人生には大きな損失だからです。「援助交際狩り」は、このあたりも計算づくで、弱みにつけ込んで行われるのです。
だから被害に合った男性は、奪われたものを取り返すことも諦め、殆どが泣き寝入りというのが実状のようです。

援助交際の注意点

<更新日時> 09月30日(火) 17:49

援助交際する少女達に共通するのが、警戒心を持っていない事です。
自身と事件とは全く無関係と信じ切っているのか、とにかく無防備極まりなく、結果として痛い目に遭うの事も少なくありません。
援助交際していた事を知られて逆手に取られ、「親や友達にバラすぞ」と脅されるケ−スは良くあるパタ−ンです。
更に悪行きすると、援助交際の場面を撮影され、それを証拠として、他の男性達への売春行為を強要されるといった展開も存在するのです。
軽い気持ちで始めた援助交際が、結果彼女達を性的被害者にしてしまいますが、バレては困るために警察に助けを求める事も出来ません。
そんな状況下、次第に追い詰められてしまい、最終的には自殺といった最悪の選択をしてしまうケ−スもあるのです。
無防備で世間知らずな少女達につけ込む犯罪は、援助交際が取っ掛かりとなる事も多く、昨今でこそ幾分落ち着いて来ているようですが、
やはり性的被害は被害者がなかなか口に出せないため、水面下ではもしかしたら増加しているのかも知れません。
更に厳しい取り締まりの施行を期待したいところです。

少女の歩み

<更新日時> 09月30日(火) 17:49

女子高生たちが一時期利用をして問題になったのが援助交際です。男性に会って、お金を稼ぐという出会い方は社会問題になりましたよね。こういった行為は流行性がありますので、クラス内に1人でも荒稼ぎした子がいると、みんな真似してしまうんですよね。また、以前は今ほど規制も厳しくありませんでしたので、摘発されることが滅多に無く、犯罪という認識を持たずに繰り返す女の子も少なくなかったようです。今では法整備も整い、若い女の子たちにも「悪いこと」だという認識が広まりましたが、当時の女の子たちは時代の狭間に取り残された被害者とも言えるでしょう。
あれから何年も経って、援助交際をしていた彼女たちはどうしているのでしょう。大人になった彼女たちは、普通に主婦として生活をしている人が多いです。私の友人に、かつて援助交際を繰り返していた女性がいます。高校卒業後に風俗関係の仕事をしていた時期もありますが、やがて結婚して、今では家庭の中で主婦業をやる毎日です。ところが、ご主人は彼女が援助交際したことがあるなんて知るはずもありません。子供も出来て、彼女は家族に対して申し訳ないと感じることが多くなったそうです。やっていた当時は何も悪いことをしているとは思っていなかったのに、何年も経った時になって、過去の過ちで苦悩することになってしまったのです。

商売としての援助交際

<更新日時> 09月30日(火) 17:49

援助交際というものが、90年代などにブームになっていたということを覚えている人も多いのではないでしょうか。
最近では、その当時に比べると、援助交際はかなり行われることがなくなったといわれています。
しかし、それでも援助交際はまだまだ行われているものだといえるでしょう。
当時と同じように、女子高生などは援助交際を現在でも同じく行っているようなのです。
昔では、ポケベルというものが援助交際を行うためのツールとして役立っていましたが、
最近では携帯電話が普及し、誰でも持っているような状態ですよね。
そのことから、さらに援助交際のためのネットワークが形成されやすくなってしまっているのではないでしょうか。
そして、男性の中でもまだまだ、女子高生というものに対しての執着はなくなっていません。
女子高生の制服を売り買いするというようなことも、実際に行われているようですし、
援助交際がなくならないということの背景には、男性の意識が変わっていないということもあるのでしょうね。
男性の中には、女子高生とただで関係を持とうと、報酬の支払いを拒否してくるような人もいるようですから、
女性は前払いを徹底するなど、自分の身を守るようにしなければなりません。